犬 種 別 表 示 おすすめブログ ブログ検索
トップページに戻る わんろぐ!Twitter わんろぐ!Facebookページ

悲し過ぎる現実

Posted on 2014/12/25 Chiemomのsomeday somewhere
私自身もショックが大きすぎて・・・ なんて書いたら良いのか 言葉が見つからなくて アムちゃん しん君を追いかけて逝ってしまいました。 どんな時でも2匹一緒で  里親として迎え入れたのも2匹離すのは可愛そうだと 一緒に引き取り しん君とアムちゃんは ず~~~っと一緒でした。 しん君が亡くなった後 それまで元気だったアムちゃんが体調を崩し 病院にも通って色々とケアしてきましたが ご飯を受け付けなくなり 一昨日 息を引き取りました。 しん君が居なくなってからのアムちゃんは元気が無く 生気を失ったかのような目をしていました。 きっと時間が解決してくれる いつか元気になって 元の生活に戻れると信じていたけど アムちゃん しん君の所に行く事に決めたようです。 しん君を失ったアムちゃんの寂しさは想像を絶するものでした。 来てすぐの頃は怖がっていつもしん君の後ろで隠れるようにしていたアムちゃん しん君が数十メートル離れただけでオロオしてしまうアムちゃん そんなアムちゃんにとってしん君の居ないこの世界は何の意味もないのかもしれません。 どちらが先に逝っても 結果は同じだったかもしれません。 しん君もアムちゃんを凄く可愛がっていて顔をいつも舐めていました。 2匹の絆はとっても強かった。 見えるパパさん しん君が亡くなった後 パパさんの所にしん君が来たそうです。 アムちゃんが亡くなる日 パパさんはしん君の鳴き声を聞いたそうです。 しん君が迎えに来ていたのかな。 何でもパパさんにお伺いを立てるしん君でしたから パパさんに アムを連れて行っていい??って言いに来ていたのかな。 最後はアムちゃん パパさんの顔をチラっと見たそうです。 ごめんね、って言いたかったのかな。 ご家族の悲しみを考えると 本当に言葉が出ません。 残されたアムちゃんだけが家族の支えだったのに。 アムちゃんにお別れをしてきました。 アムちゃんもしん君と同じ 眠っているようでした。 触ったらとっても冷たかった。 しん君の時は不思議なくらい冷たくなかった。 きっとまだまだ頑張って生きたい思いがあったのでしょう。 アムちゃんは とっても冷たかった。 アムちゃんの揺るぎない心を感じました。 アムちゃんの死をまだ受け入れられない しん君が居なくなってもきっと立ち直ってくれると信じていたけど 悲し過ぎる現実を受け入れなければいけないご家族の心情を思うと 涙せずにはいられません。 しん君が逝って22日が経ちました。 今頃 アムちゃんはしん君と会って幸せなんだろうね。 やりきれないこの気持ち・・・・ ヒトは耐えるしかないのでしょうか。 アムちゃんのご冥福をお祈りします。
スポンサーリンク