犬 種 別 表 示 おすすめブログ ブログ検索
トップページに戻る わんろぐ!Twitter わんろぐ!Facebookページ

「犬がいる人生」という選択は、失うものより得るものが大きい

Posted on 2014/07/15 犬大好き!犬と生活するブログ。
f:id:plumpdjs:20140715163903j:plain
今週のお題「選んでよかったもの」 犬がいる人生。を選びました。 20年以上サラリーマン生活をしてきました。 急成長のベンチャー企業で多忙な生活を送ったり、ブラックオーナー企業でブラック社長と戦ったり、昔のリゲイン的ビジネスマンでした。   それが自分だし、自分の生き方そのものだったと思っていました。   犬を飼ったのは、正直「勢い」です。無計画でした。   ホームセンターのペットショップで小さな小さな「チワワとミニチュアピンシャーのミックス」がぽつんとショーケースにいました。 小さな頃から犬がいる生活をしていた自分は、「この子をお迎えしたい」という一時の勢いで、その場で決断しました。   これについては「とんでもない!」という意見ももちろんあると思うし、自分の無計画さに後悔することがなかったとは言えません。無謀と言われても否定できません。   2ヶ月でお迎えしたので、仔犬のうちは自宅勤務に切り替え、しつけの毎日でした。 興奮しやすく強気な性格に殺意さえ覚えることもありました。   大人げないけど、犬って本気で対峙しないと、飼い主との関係を確立できないんだと思いました。   生後半年でしつけを終え、職場に復帰しました。 でも、お散歩やご飯はもちろん、コミュニケーションや日ごろのしつけと深夜帰宅のサラリーマン生活は、共存させることができませんでした。追い込まれていたと思います。復帰一年でサラリーマン生活を断念しました。   金銭的な打撃も承知で、自営に切り替えました。 犬を手放すという選択肢は存在しませんでした。 だって、大切な家族だから。   リビングの窓際が我が子「さくら」のお気に入りの場所。 マンションのお庭越しに外の様子もうかがえます。 お庭に鳥が来ます。網戸に虫も来ます。さくらは楽しそうです。 仕事の合間にさくらの様子を伺い、一緒に庭の様子を見たりします。 お散歩に行くと、たくさんのワンコたちと出会います。みんなさくらのお友達。 いろんな子がいます。みんなとっても可愛いです。   犬が来て、うちは「夫婦」ではなく「家族」になりました。 サラリーマン生活を失った。大きな収入も失い、金銭的な余裕もなくなりました。 でも、さくらがいる人生、さくらがもたらしてくれた新しい豊かさは、お金で買えるものではないと思うのです。 2キロに満たない小さな命が、かけがえのない存在になっています。 たくさんのものを与えてくれる、さくらに感謝。 どうもありがとう。これからも大切にするね、よろしくね。
スポンサーリンク